木村鋳造所 KIMURA FOUNDRY English サイトマップ
会社案内 品質管理 3Dプリンタ 技術 製造工程 製品群 加工 鋳物の話 求人情報 リンク お問い合わせ
ホーム>求人情報>海外研修に参加して
ボタン 当社の求める人材
ボタン 新卒者採用
ボタン 応募方法
ボタン KIMURAとは
ボタン 先輩からの一言
ボタン 海外研修に参加して
ボタン 2012年
ボタン 2008年
ボタン 2007年
ボタン 2006年
ボタン 2005年
ボタン 2004年
ボタン 2003年
ボタン 2002年
ボタン ENJOY
ボタン 2014年-
ボタン 2012年-2013年
ボタン 2009年-2011年
ボタン 2006年-2008年
KIMURAとは
係長海外研修レポート(2004年10月16日~10月23日)
写真110月16日から23日まで、タイの自動車関連会社10社と工作機械メーカー1社の工場見学をしてきました。
工場視察の感想ですが、自動車関連の日系企業は日本のノウハウが活かされていて、レイアウト・4S・社員教育などはすばらしいものもありました。

写真2日本では考えられないことですが、各企業間での壁がなく互いに協力し生産していました。
鋳物の外観はきれいなものもありましたが、ソリ・引け巣などの問題が多く、あるユーザーでは加工時にいつ引けが出るか心配で、何度も現場に足を運ぶと愚痴をこぼしていました。
現地鋳物会社については2社見学しましたが、管理・技術面でまだまだの領域でした。製品である鋳物に関しては、トップが鋳物欠陥は自分たちの責任と認めず問題を解決しようとしないということで、ユーザーである自動車関連企業も困り果てており、問題解決にはまだまだ時間がかかりそうでした。

写真3最近、日本の企業が目覚ましいスピードで中国に進出していますが、現在中国では多くの産業で設備が過剰気味であり、家電製品の価格は下がってきています。
また、各地で厳しい反日運動も発生していて投資リスクがかなり高くなってきていると思います。
写真4タイはどうかといいますと、技術力の向上、教育という面で日系企業の支援を受け、人材育成機構も動き出しています。数をこなせばおのずと技術力も上がってきます。ASEANのデトロイトといわれているタイの今後は、アジアの中心となっていくのでは、と思わせる力強さを感じました。

Copyright (C) 2017 Kimura Group All Rights Reserved.