最新情報

木村鋳造所からの最新ニュース

最新情報

米国における3Dプリンターを活用した 鋳造試作部品製造事業の共同展開について

2020/08/25

株式会社木村鋳造所(本社工場:静岡県駿東郡、代表取締役:木村寿利、以下「木村鋳造所」)と住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員 CEO:兵頭誠之、以下「住友商事」)は、3Dプリンターを活用した鋳造試作部品製造事業を手掛ける木村鋳造所の米国子会社Kimura Foundry America, Inc.(以下「KFA」)に住友商事が35パーセント出資することに合意し、今般契約締結に至りました。

自動車や建設機械、産業機械等の分野では、部品を製造するために砂型鋳造(注1)が幅広く用いられています。砂型鋳造では、部品の形状を転写するための原型を木や樹脂等を切削して成形し、その原型の形状を砂に転写して固めた砂型を用いて製造しています。特に形状が複雑な自動車エンジン部品の試作品や、型が古く製造が難しい補修部品等の場合、原型製造に数週間から数か月を要するという課題があります。

木村鋳造所が導入した砂型積層3Dプリンター(注2)は、原型の製造を省略し、入力した3Dデータに基づき、薄い砂の層に樹脂を一層ずつ塗布して積層することにより、直接砂型を成形するため、砂型は1日で完成し、製品納期は大幅に短縮されます。また、一回のプロセスで数十個以上の砂型を同時成形可能という利点もあります。木村鋳造所は、溶解温度が1,400度を超える鉄系材料を用いた場合でも、砂の膨張を抑える技術を確立しており、製品形状に悪影響を与えません。

木村鋳造所と住友商事は、米国に加えて欧州やアジア地域での展開も進め、将来的には世界の関連産業の発展に貢献していきます。

(注1)砂型鋳造:砂で作った型に溶融金属を流し込み成型する鋳造法。

(注2)砂型積層3Dプリンター:薄い砂の層の上に樹脂等を一層ずつ積層し、3Dデータから立体的な砂型を直接造形する3Dプリンター。最終製品を直接造形する金属積層3Dプリンターと異なり、砂型製造以降のプロセスは従来型の鋳造法が用いられるため、試作品や補修部品であっても量産時と同等レベルの品質と機能を担保できる。


<参考資料>
■KFA概要
社名:Kimura Foundry America, Inc.(KFA)
所在地:米国インディアナ州
設立:2018年11月(営業拠点としての開設は2014年)
出資比率:木村鋳造所:65% / 住友商事:35%
事業内容:砂型積層3Dプリンターによる鋳造部品の製造・販売