最新情報

木村鋳造所からの最新ニュース

最新情報

Castings of the Year 賞

2020/09/18

木村鋳造所の高クロム鋳鉄鋳ぐるみ管「K-CLP」が2020年のキャスティングオブザイヤー賞を受賞しました。

K-CLP(Kimura Casting Line Pipe)は2017年に当社が開発した耐摩耗配管で、耐摩耗性に優れた高クロム鋳鉄を鋼管の内側に鋳ぐるんだ2層構造の耐摩耗配管です。
製造実績は口径100~700Aの直管、エルボ管、Y字管、レデューサ管等です。従来のバサルト(玄武岩)やアルミナセラミックスをライニングする場合は、流路側に貼り合わせの目地が発生し、そこから摩耗、剥離させてしまい、摩耗の原因となります。K-CLPは流路側を鋳造によりライニングするため、流路に一切目地がありませんので、目地による磨耗の心配がありません。また、鋳造前に鋼管に一定間隔で小さな穴を空けておく事で、その位置は外側から内側まで高クロム鋳鉄一層となります。その穴から超音波式肉厚測定が可能となり、設備稼働時でも、外側から肉厚測定が可能となりますので、定期的に測定する事で、交換時期が予測でき、トラブルが起きる前に取換が可能です。また、外側が鋼管であることで、現地溶接も可能としておりますので、優れた耐摩耗性とメンテナンス性、使いやすさにより高炉メーカーで採用していただいております。

商標:K-CLP  登録番号:6282063  登録日:令和2(2020年)8月20日

Castings of the Year(キャスティングオブザイヤー)賞は、鋳造分野における研究開発担当者の開発意欲を高め、日本の鋳造業界全体の活性化に寄与することを目的とし日本鋳造工学会によって設立されました。

木村鋳造所は1927年(昭和2年)沼津市で創業以来、鋳物造りに全力を注いでまいりました。鋳物の品質向上、短納期の試作鋳物などお客様のご要望にこれからも応えられるよう精進してまいります。
コンテンツに基づいたイメージ